わたしたちのこと

 夫はヨガ、妻はタッチセラピー担当の夫婦で営むヒーリングサロン 

IMG_2774.JPG

*ののはな*は、宇都宮の端っこ、静かな住宅街砥上町(とかみちょう、ほぼ鶴田)のマンションで、
夫婦ふたりでこじんまりと営む、ヒーリングサロンです。

夫たかひろは少人数制ヨガレッスンを、
妻ようこはタッチセラピー(時々、ヨガアシスタント。)を、それぞれ担当しています。


様々な情報が溢れる現代は、目にし、耳にする情報を処理するために常に頭(脳)がフル回転している状態です。

絶えず情報を追い続ける中、自分とつながる静かな時間を持てずにいることで、不安感をあおられ、
「本当は○○したい!」などの本来の自分の感覚さえも見失ってしまうことも。


観(感)じることより、考えることが優先され、エネルギー(氣)が上がってしまっている、
すなわち、頭とからだが分離されたような感覚は現代病といえるのかもしれません。


*ののはな*では、脳=こころと捉えています。

それは、夫たかひろの長年のこころの病の苦しみからの解放が教えてくれたことです。
病気にまで至るにはさまざまな原因が絡み合っているかとは思うのですが、
かたくなな思考(脳)の癖から湧き出る不安感や恐れに囚われ、
「今ここ」を安心して生きられなくなってしまったことも、そのひとつだったからです。


能動的に身体を動かすこと、誰かの手によって触れられることは、
未来への不安や過去への執着でもなく、私自身を「今ここ」に呼び戻してくれます。


サロン名になっている「野の花(ののはな)」は、どんな過酷な環境でも不平不満を言うことなく、
「今」を生きるために大地にしっかりと根を張り、太陽に向かって、のびのびと楽しげに、自由に咲き誇ります。
その姿は、私たち本来の姿でもあると想うのです。


*ののはな*のヨガとタッチセラピーが、ご自身のおからだの感覚を通して、
毎日はちいさなしあわせで溢れているということを想い出し、「今」を楽しむきっかけになれたなら、幸いです。

 

 ヨガ担当 / しおねり たかひろ 

img (22).jpg

・一般財団法人日本能力開発推進協会認定 ヨガインストラクター
・神田ファミリーヨガ インストラクター養成講座修了

30歳から、心身の健康維持のために独学でヨガを始める。
長年のストレスから心身のバランスを崩し、投薬治療を続ける中、
こころとからだの声に耳を傾けながらヨガを深めることにより、病を克服。

ヨガの師の教えである「無理しない。無駄しない。続ける。」をモットーに、
自身の経験を踏まえ、こころとからだの調和と体質改善のためのヨガをお伝えしております。


1974年11月生まれ、東京都板橋区出身(生まれは広島県)。
幼少期より、栃木県日光市(旧今市市)で過ごす。
身長は182cm。
ときどき、ヨガの立ちポーズ中、天井に手が着きそうになり、皆さんに心配されます(笑)
すきなことが女性的だからか??、妻からは「オトメン」と言われています。

*すきなこと*
イラストを描くこと、ポストカードを集めること、手紙を書くこと、自転車を漕ぐこと、
お散歩、オリジナルのキーホルダーを創ること、軍服
 

 タッチセラピー担当 / しおねり ようこ 

watashi.JPG

・日本リフレクソロジー協会認定 プロフェッショナル・リフレクソロジスト
・ハーモニー認定 チャクラセラピスト

セラピスト歴16年目。
2002年、都内大手リフレクソロジーサロンに勤務。
2004年、日光市内の旅館「鶴亀大吉」さんの一角でリフレクソロジーサロンを開業し、5年間営業。
2005年秋より、宇都宮の産婦人科「こいけレディスクリニック」さんで妊産婦さんケアの専属セラピストとして、現在も活動中。
マタニティ(妊婦&産後)マッサージ
2008年より、藤野あゆみ師より、チャクラや波動、思考(脳)の癖との向き合い方を学ぶ。
2010年4月に、こころとからだの和みサロン*ののはな*をOPEN。
2018年春より、夫婦で営むヨガとタッチセラピーのリラクゼーションサロンとして、リスタート。

サロンをオープンするまでの物語はこちらから。


現在は「触れる」ことそのものの質を高める「寄り添う触れ方」、
それと、わたしたちの肉体と切っても切れない関係の「エネルギー(波動)のケア」を探求しています。

「触れる」ことを通してもたらされる深いリラックス感は自ら整う力と気づきを引き出します。
どうぞ、こころとからだの土台を整えに、ゆったりと個休(呼吸)しにいらしてください。


1975年3月生まれ、栃木県日光市(旧今市市)出身。
身長は152cm(実際は意外と小柄!とのご意見も多いので・・・笑)。
素朴でシンプル、普遍的なものがすき。
当サイトの管理、時々ヨガアシスタントなど、何でも屋であり、夫婦のお笑い担当でもあります。

*すきなこと*
旅行、温泉、映画、音楽、喫茶店で美味しい珈琲を飲むこと、海を眺めること、
顔出しパネル、みうらじゅん(夫婦共通の趣味)、本を読むこと、実家の愛犬モナ

*メディア掲載*
2011/9/7
下野新聞情報誌「ASPO(アスポ)」企画 「自然治癒力を高めて女子力UP」に取材記事掲載
watashi.JPG

2018/9/7
BABジャパン 専門誌「セラピスト10月号」企画 「セラピストドキュメンタリー」に取材記事掲載
IMG_3227.JPG

pdf セラピスト2018年10月号 (2.92MB)
☝ クリック&ダウンロードするとご覧いただけます。


 *ののはな*のこだわり 

無理なく、無駄なく、自然に生きる。

これは*ののはな*、そして、私たちが大切にしていること。
サロンで使用するものは、出来るだけ、私たち日本人にとって自然で身近なもの、という基準で選んでいます。

mist.JPG

*精油(エッセンシャルオイル、アロマ)*
日本人になじみ深い和の香りの国産メーカー「wacca」「yuica
純度100%クリニカルグレードのオーガニック精油「クインエッセンス社」

*トリートメント用オイル*
抗酸化作用が高く、若返りのオイルとも呼ばれる「純国産米ぬかオイル」
溶剤は一切使わず、圧搾法で抽出された安全且つ、純度の高いオイルです。
トリートメントで使用したオイルは自宅ケア用としてお渡ししています。

*タオル*
高品質の今治産タオル
さらに、肌触りのよいコットン100%の紙シーツをタオルの上に敷いて、トリートメントを行います。

*スキンケア商品*
自然農栽培大和茶を使用した、国産ワイルドクラフトコスメ「QUON(クオン

*マッサージベッド*
高品質「アースライト社」の妊婦さんでもゆったりと安全にお受けいただける、リクライニング式ベッド

*ハーブティー*
国産有機栽培の三年番茶
各症状ごとに処方された、ドイツ「マリエン薬局」のメディカルハーブティー

 

国産メーカーの商品を積極的に使用することは、日本の産業や森林を守ること、
そして、自然農を営む日本の農家さんを支援することにもつながります。

また、その香り、肌なじみは私たち日本人との親和性も高く、より自然な状態に導いてくれます。


精油やスキンケア商品はサロンでも取り扱いがございますので、
ご自宅でのケアに使ってみたい!という方は、どうぞお気軽にお声掛けくださいませ。
(取り寄せ商品となりますので、お届けまでに少々お時間をいただきます。)